3月9日の言語処理学会のパネル討論「Twitter情報を活用したサービスの現状と課題」に参加します。

言語処理学会第17回年次大会の中で開催されるパネル討論Twitter情報を活用したサービスの現状と課題にパネラーとして参加します。どうぞよろしくお願いいたします。

概要は下記の通りです。

開催日時:2011年3月9日(水)
11時10分から11時50分ごろ

開催場所: A2-101教室

パネリスト:大角 知孝(NTTコミュニケーションズ株式会社)
岡野原 大輔(株式会社 プリファードインフラストラクチャー)
榊 剛史(東京大学)
辻村 浩(沖電気工業株式会社)
横田 真俊(Twitter解説書著者)
西谷 智広(Twitter研究会)
(敬称略、順不同)

概要: Twitterユーザの増加に伴い、ツイート情報を活用した
WEBサービスが日々リリースされている。
このようなサービスには、
レコメンド・人気キーワードの表示など大量のツイート情報を
収集・分析する、言語処理的にも興味深いサービスも含まれる。
本パネルディスカッションでは、研究者が特に注目すべき
ツイート情報を活用したサービスを紹介すると共に
ツイート情報を活用するときの注意点や課題について議論する。

お願い:会場にてtweetされる方は、インターネットへ
確実に接続するためにLANケーブルをご持参願います。

提案者:年次大会プログラム委員会
後援:Twitter研究会

タイトルとURLをコピーしました