Blog

200冊以上収納できる「回転コミックラック 7段」を試す。

B008P8Z2CK 回転コミックラック 7段 ダークブラウン JO-0015
ナサ流通企画

by G-Tools

毎月4〜5冊ほど本を買っているせいかなのか、それとも単に部屋が狭いからなのかわかりませんが、本棚がいっぱいになってしまいました。こうなると、もう床に本を置くしか無くなります、しかたがないので部屋の中の空いている床に本を置いていたのですが、こうなるどこに何の本があるのかわからなくなってきました。

本棚に置いておけば、どこに何の本があるか、だいたいわかります。しかし、床に本を置いて積み上げておくと、読みたい本が見つからなくなったり、そもそも何の本を買ったのかわからなくなります。せっかく買った本が読む機会が減ってしまいます(ただでさえ読まないのに…) 買った本を死蔵させないために、せめてどの本があるのかタイトルだけは常に見ておきたい物です。

というわけで「回転コミックラック」を購入してみました。この本棚は組み立て式なので、狭い部屋で組み立てるのは大変かもしれませんが、なんとか1人でも組み立てられる程度の物です。不器用な私でも1時間程度で組み立てられたので、普通の人ならば簡単に組み立てられると思います。

写真 2014-05-18 20 47 16

写真 2014-05-18 20 47 28

実際に本を入れると確かに本がスイスイと入ります。商品名は「回転コミックラック」とありますが、ビジネス書も当然入ります。床に置いてあった200冊以上の本が全て収納できました。回転式なので場所もそれほどとらず収納できます。それほど部屋がひろくない所でも活用できます。

ただ、やはり地震が気になります。大きな地震が来たときに200冊以上の本が倒れてくるのはちょっと怖いです。あとは自分の組み立て式なので、組み立てが甘いと壊れる可能性が高いということでしょうか? それを割り切って考えれば、本棚にしてはそれほど高くないし良い買い物だと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(この記事は2011年の書いた物を再掲載したものです。)

-Blog