一般・お知らせ

「現場のインフラ屋が教える インフラエンジニアになるための教科書」 本日発売です。

4802610432 現場のインフラ屋が教える インフラエンジニアになるための教科書
寺尾 英作 中村 知成 波多野 安衣 横田 真俊 JPCERT/CC
ソシム 2016-06-24by G-Tools

以前にもお知らせいたしましたが私も執筆した「現場のインフラ屋が教える インフラエンジニアになるための教科書」が本日発売です。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

「目次」はこんな形となっています。

第1章 インフラ技術の基礎知識
1.1 ネットワークとプロトコル
1.1.1 OSI参照モデルとTCP/IPの階層モデル
1.2 IPプロトコルの役割
1.2.1 IPアドレスとプロトコル
1.2.2 サブネットでネットワークを分割する
1.2.3 特別なIPアドレス
1.2.4 ルーティング
1.2.5 IPv4とIPv6
1.3 ポートとプロトコル
コラム:TCPとUDP
1.4 ドメイン名とDNS
1.4.1 ドメイン名
1.4.2 ドメイン名の種類
コラム:そうはいっても"独自ドメイン"
1.4.3 DNSの仕組み
コラム:DNSの使い方も進化している
1.5 Webサービスのインフラ構成
1.5.1 ロケーションをどこにするか?
1.5.2 ネットワークをどこから引いてくるか?
1.5.3 ハードウェアをどうするか?
1.5.4 OSを何にするか?
1.5.5 ミドルウェアとアプリケーション実行環境
コラム:ミドルウェアのトレンドと移り変わり

第2章 インフラの変遷と特徴
2.1 インフラサービス以前のサービス構築
2.1.1 インフラサービスが登場する前
コラム:データセンターに預けても……
2.1.2 オンプレミスで情報システムを構成する
2.1.3 インフラサービスの登場と利用するメリット
2.1.4 インフラサービスの種類
2.2 VPSを利用してシステムを作る
2.2.1 VPSの特徴
2.2.2 VPSを実現する仮想化技術
2.2.3 VPSを利用した複数台構成
2.2.4 VPSの用途、および注意点
2.2.5 ハイパーバイザー型仮想化とコンテナ型仮想化
コラム:VPS事業者はVPSをどのように作っているのか
2.2.6 VPS事業者を選択するときのポイント
2.3 クラウドを利用してシステムを作る
2.3.1 クラウドとは?
2.3.2 ソフトウェアを提供するSaaS
2.3.3 社内の情報系サービスをSaaSを利用して外に出す
コラム:SaaSでのコラボレーションで気をつけたいこと
2.3.4 SaaSを利用する上での注意点
コラム:2段階認証とは?
2.4 プラットフォームを提供するPaaS
2.4.1 PaaSのメリット
2.4.2 PaaSを利用する上での注意点
コラム:PaaSは提供元に振り回される面もある
2.4.3 システムの機能を提供するようになったPaaS
2.4.4 どのようなPaaSがあるのか
2.4.2 PaaSを利用する上での注意点
コラム:自分のサーバの上でPaaSを作る
2.5 インフラを提供するIaaS
2.5.1 IaaSとは?
コラム:自分が構築したサーバの設定を利用する
2.5.2 IaaSが利用しやすいシーン
2.5.3 従量課金は料金の把握が難しい
コラム:クラウド破産を防ぐには
2.5.4 ネットワークと複数台構成
2.5.5 冗長構成とリージョンとゾーン
コラム:システムに耐障害性を持たせる
2.5.6 IaaSに付属するサービス
2.5.7 プライベートクラウドとパブリッククラウド
2.5.8 IaaSでシステムを汲むときの注意点
2.6 専用サーバとベアメタル
2.6.1 専用サーバのメリット
コラム:データベースサーバの増強
2.6.2 専用サーバのデメリット
2.6.3 専用サーバの復権「ベアメタル」
2.6.4 専用サーバ/ベアメタルの利用シーン
コラム:長期的にみるとベアメタルはコストパフォマンスがよい

第3章 システムの検討から構築まで
3.1 システム構築の流れ
3.1.1 要件定義・提案フェーズ
コラム:落とし穴に注意!
コラム:目的別に切り分けてみる
3.1.2 設計フェーズ
3.1.3 構築フェーズ
コラム:設計・構築から運用への引き継ぎ
3.2 可用性
3.2.1 物理的な冗長構成を理解する
3.2.2 ネットワークの冗長化
3.2.3 フロント部分の冗長化
3.2.4 Webサイトの同時接続数の予測
3.2.5 冗長構成を取るためのWebアーキテクチャの変遷
3.3 セキュリティ対応を理解する
3.3.1 ファイアウォール
3.3.2 IDS/IPS
3.3.3 WAF
3.3.4 VLAN
3.3.5 通信経路の暗号化
3.3.6 SSLアクセラレーションを理解する
3.3.7 Webサーバのセキュリティ
3.3.8 データベースのセキュリティ
3.3.9 メールサーバのセキュリティ
3.4 システム構成例
3.4.1 比較的小規模なWebサービス構成
3.4.2 大規模サイトの場合
3.4.3 ゲーム用のシステムの場合
3.4.4 基幹システムの場合
コラム:基幹システムでVPNを使う場合の注意

第4章 運用体制の構築から障害対応、予防運用まで
4.1 運用とは
4.1.1 運用フェーズに入る前に考慮すべきこと
4.1.2 運用設計
コラム:どう考えても無理……な場合
4.2 運用体制の構築
4.2.1 構築担当者との構成共有
4.2.2 監視項目の決定とその設定
コラム:ハードウェアベンダーの管理ツール
コラム:監視間隔の適正値は?
4.2.3 案件共有、対応ドキュメント作成
コラム:決まった対応は自動化がおすすめ
コラム:新人エンジニアにこそ手順書作成を!
4.3 テストとリリース
4.3.1 テストの実施
4.3.2 ストレステスト
コラム:シナリオ作成時に考慮すること
4.3.3 障害対応テスト
コラム:ボンディング切り替えテスト
4.3.4 リリース前テスト・移行テスト
4.3.5 リリース
4.4 監視と障害対応
4.4.1 ケース1:Webサイトが閲覧できない
4.4.2 ケース2:メールの送受信ができない
コラム:DNSが仇となる!?
4.5 予防運用
4.5.1 障害予兆検知
4.5.2 性能劣化監視と定期性能評価
コラム:意味ある監視になっていますか?
4.5.3 脆弱性情報収集・対応
4.6 メンテナンス
4.6.1 活性メンテナンスと非活性メンテナンス
4.6.2 計画メンテナンスと緊急メンテナンス
コラム:お客様のいうことは%信じてはいけない!?
4.6.3 活性メンテナンスへのアプローチ
4.6.4 メンテナンス方針
4.6.5 最後に

第5章 インフラエンジニアのためのセキュリティ入門
5.1 コンピュータセキュリティインシデントとは
5.1.1 インシデントレスポンスの必要性
5.2 インシデントの種類と傾向
5.2.1 スキャン
5.2.2 Dos攻撃
5.2.3 Web改ざん
5.2.4 フィッシング
5.2.5 標的型攻撃
5.3 インシデントが発生する要因と対策
5.3.1 外部公開しているサーバにおけるインシデント
コラム:CMSやそのテーマ、プラグインの脆弱性にも注意!
5.3.2 内部ネットワークにおけるインシデント
5.3.3 インシデントとその発生要因、対策
5.4 クラウドでのセキュリティ
5.4.1 クラウドを利用する上でのセキュリティ
5.4.2 クラウドにおける責任の分担
5.5 運用中のシステムの脆弱性対応
5.5.1 システム構成を把握する
5.5.2 信頼できる情報源を把握する
5.5.3 脆弱性情報への対応
5.6 定期的な健康診断の必要性
5.6.1 異常なイベントに気がつくためには
5.6.2 システムのセキュリティ診断
5.6.3 セルフ脆弱性診断を活用するには.
5.6.4 まとめ
コラム:インシデント対応マニュアル

第6章 DevOps時代に求められるスキル
6.1 インフラエンジニアを取り巻く環境
6.1.1 クラウド登場以前- 手作業を主体としていた時代
6.1.2 クラウド登場以後- インフラ構成管理の概念が普及
コラム:障害注入テスト
6.1.3 現在- スピード感あるシステム開発・運用を支える
6.2 Infrastructure as Code(コードとしてのインフラ)
6.2.1 Infrastructure as codeとは
6.2.2 Infrastructure as codeに関連するツールのレイヤー分類
コラム:JSONを手軽に取り扱う
6.2.3 Infrastructure as Codeへの移行パス
6.2.4 Infrastructure as Codeへの移行事例
6.3 システム開発における3つのプラクティス
6.3.1 バージョン管理
コラム:機密情報の取り扱い
6.3.2 テスティング
6.3.3 プロジェクトの自動化
6.4 DevOpsを支えるプラクティスツール
6.4.1 継続的デリバリー
6.4.2 時代に即したデプロイメント手法
コラム:アプリケーションレイヤーでのImmutable
6.4.3 開発から運用に至るまでのフローをサポート
コラム:DevOpsを支えるツール群
6.4.4 ワークフローの改善

第7章 おわりに
7.1 インフラエンジニアに必要な力
7.1.1 コミュニケーション力
7.1.2 仮説を作る力
7.1.3 改善力(+コードを書く力)
7.2 インフラエンジニア生存戦略(キャリアパス)
7.2.1 イノベーター理論的立ち位置
7.2.2 エンジニア組織内での立ち位置
7.2.3 インフラエンジニア以外の立ち位置
7.2.4 立ち位置によらない大事なこと

私は主に「第2章 インフラの変遷と特徴」を担当しております。私の章はともかく他の方の章は、これからITインフラを勉強されたい方には良い内容と思います。よろしくお願いいたします。

[関連リンク]

現場のインフラ屋が教える インフラエンジニアになるための教科書 : 寺尾 英作, 中村 知成, 波多野 安衣, 横田 真俊, JPCERT/CC : 本 : Amazon.co.jp

-一般・お知らせ,