Blog Next today

あなたは知っていましたか?「2010年に需要のある仕事上位10位は2004年には存在していませんでした」、我々が大変な時代に生きていると教えてくれる動画「Did you know」

2014/02/19

実際の数字を見せ、我々が大変な時代に生きていると教えてくれる「Did you know2.0」?「Did you know4.0」までご紹介します。過去にもいくつかのブログで話題になりましたが、改めてみると、我々がいかに大変な時代に生きているのだと思い知らされます。

以下、いくつか抜粋

・2006年にインドの大学を卒業した人の英会話習得率は100%

・(アメリカでは)社会人の4人に一人は1年以内に転職を経験している。

・(アメリカでは)社会人の2人に一人は5年以内に転職を経験している。

・(アメリカでは)現在の学生は10?14の職業を経験するといわれている、それも38才までに

・「2010年に需要のある仕事上位10位は2004年には存在していませんでした」

・アメリカで結婚したカップルの8組のうち1組はオンラインで出会った。

・ブロードバンド普及率が一番高いのはバミューダ諸島

・Googleでは毎月、310億回の検索がされている、2006年は27億回だった。

・5000万人の視聴者数を獲得するまでにかかった人数、ラジオ38年、テレビ13年、インターネット4年、iPod 3年、Facebook 2年

1週間分のニューヨークタイムスに含まれる情報は18世紀の人が生涯に出会う情報よりも多いと推測される。

・10億冊を超える本が出版されている。Google ブックのスキャンは1時間で1000ページをデジタル化できる。

・新聞の発行部数は25年間で700万部減っている。一方、オンライン新聞は5年で3000万人増えている。

・全米3大ネッワークが1948年から休まず放送したとして、それよりも多くの量の動画が過去2ヶ月間にYouTubeにアップされている。

[追記] こちらもどうぞ「「5組に1組の夫婦はFacebookが離婚の原因に」すさまじい勢いで成長するソーシャルネットワークを動画で紹介する「ソーシャルメディア 革命」

-Blog, Next today