Blog Facebook関連

Facebookで確実にチェックしたい人がいれば「親しい友達」リストを利用する。

2014/03/23

先日は「Facebookで「友達になりたくないし、自分のプライバシーを見せたくないけど、色々な事情により友達申請を断るわけにはいかない人」には「知り合いリスト」を使う」というエントリを掲載しましたが、これとは逆にFacebookの多くの友達の中では、常にチェックしたい人もいると思います。そのような人には「親しい友達」リストにいれましょう。

「親しい友達」リストは「知り合いリスト」と同じように、Facebook側が用意しているリストです。その名前の通り、自分にとって親しい人を入れておくリストです。このリストに入れた友達がFacebookで何か投稿した時に「お知らせ」で知らせてくれます。「お知らせ」は、Facebookのサイト上でも確認できますが、お知らせはiPhoneなどにもプッシュで配信されますので、スマートフォンでも見逃すことはありません。

また「親しい友達」リストは他のリストと同様に投稿時の公開範囲の設定に出てきますので「親しい友達」のみに、情報を発信することも可能です。Facebookで「友達」が増えてきたら、この「親しい友達」リストを使ってみましょう。

(この記事は2012年4月に投稿した物を再掲載したものです。)

-Blog, Facebook関連