「さくらのクラウド」で「CoreOS」が利用できるようになったので、CoreOSの利用方法を「まとめ」てみました。

Blog

横田です。今まで「さくらのクラウド」でCoreOSを利用するには、色々と面倒な設定が必要でしたが、先日
CoreOSのアーカイブをリリースしたため、一気に利用の敷居が低くなりました。実際に利用してみるとこんな感じで簡単に利用できます。

というわけで、今回は「CoreOS」を、皆さんどのように利用しているかの「まとめ記事」をお送りしたいと思います。

[関連リンク]
パブリックアーカイブ・インストールISOイメージ更新のお知らせ(CoreOS, CentOS 7.0) | さくらのクラウドニュース

さくらのクラウドでCoreOSが選べるようになりました | itFun.jp

《とりあえず、CoreOSの概要を知るための「まとめ」》

Docker専用ツールのまとめ」でも書きましたが、CoreOSは「Docker専用のLinux」とも言われる、軽量のLinuxディストリビューションです。OSと同じ名前のCoreOS社が開発をしています。ただ、CoreOSの本質は「Docker専用OS」ということではなく「クラスタ構成」や「フェイルオーバ」が、その本質のようです。

このようなCoreOSの概要や特徴については、下記のリンクが詳しいです。

docker – Using CoreOS の日本語訳 – Qiita

etcd – CoreOS が提供してくれるもの – Qiita

CoreOS 入門 – Qiita

社内勉強会でCoreOSについて話した – Hack myself

《CoreOSを使った感想》

CoreOSを利用した感想や、インストール方法なども色々なブログやQiitaにまとまっております。それらをまとめてみました。CoreOSを利用する前にCoreOSが実際にどのような物なのかを確認するのには、ちょうど良いと思います。

個人で使ってみた Docker とCoreOSとか | feedforce Engineers’ blog

Docker の nsinit を CoreOS で試してみた – Qiita

vagrant – 仮想開発環境をCentOSからCoreOS+Docker+CentOSに移行する(1) – Qiita

Vagrant上のCoreOSでetcdを動かして別の3台でクラスタリングしてみた – Qiita

etcd + docker で簡単にリモートコンテナに接続しよう – Qiita

CoreOSでDocker入門 – $web->{note};

ついでにCoreOSでもDockerを試してみよう | たけけんのサーバー勉強日記

CoreOS を使って docker を体験した – ようへいの日々精進 XP

《CoreOSの応用》

インストールだけでなく、CoreOSの監視やフェイルオーバやロールバックなどの記事です。

docker – CoreOS でシステムメトリクスを収集し、グラフ化する – Qiita

Vagrant + CoreOSでDockerを動かす|WEBデザイン Tips

Docker、CoreOS、Google Compute Engine:やめたほうがいい事 6連発 – ペリャウドのプログラミングとか(第2期)

[Windows&VirtualBox] Vagrantは使わずにWindows上でCoreOSを使い始めるメモ – logicflaw.info/blog/
→ 「結論としては素直にVagrantでインストールするべきだと思いました。Vagrant最高!」笑った

fleet で CoreOS + Vagrant の Cluster でフェイルオーバーを確認する – Qiita

docker – @mopemope 氏の「CoreOS でシステムメトリクスを収集し、グラフ化する」を Vagrant で – Qiita

CoreOSのトラブル対応 – Qiita

メモ:CoreOS の自動アップデートを手動でロールバックする – Qiita

CoreOSをnewrelicで監視してみた – uzy_exeのノート

OSX + Vagrant + CoreOSでKubernetesを試してみた – Qiita

《まとめ》

というわけでCoreOSについての記事をまとめてみました。今まではインストールなどで敷居が高かったCoreOSですが、冒頭でも書いた通り「さくらのクラウド」でもCoreOSが利用できるようになり(まあAWSやGCEでも利用できましたが…)敷居はかなり低くなったと思います。とりあえずCoreOSを試してみたいという人は、これらのまとめ記事が参考になると思います。