Blog

WordPress4.1.2及び4.2にバージョンアップしたら投稿ができなくなった時の対処方法

2015/04/29

このブログはWordPressで動かしています。ですのでWordPressに問題があった場合はブログの閲覧や投稿ができなくなってしまいます。過去、このブログではWordPressが真っ白になった事以外は、平穏無事に過ごしておりましたがWordPress4.1.2にバージョンアップしたら、過去のブログは見られるものの新規投稿ができない状態になってしまいました。

今回は、新規投稿ができなくなった後の対処方法をメモ代わりに書いておきたいと思います。

《情報収集》

まずは情報収集です。今回はWordPress4.1.2にバージヨンアップした時に新規投稿ができなくなったので、Googleで「WordPress4.1.2 投稿できない」等のキーワードで検索をかけてみます。そうすると、WordPressのフォーラムに「新規投稿等すべての更新が出来ない。」というトピックが出てきました。

どうやら、私と同じようにWordPress4.1.2にバージョンアップした時に新規投稿ができなくなっている人達がいることがわかりました。また英語以外の投稿がエラーになるというバグレポートや古いバージョンのWordPressの一部ファイルを上書きすれば復旧できるという情報を見つけました。

《「wp-db.php」を上書きするが… 投稿画面が真っ白に…》

フォーラムによると「wp-includes」の中にある「wp-db.php」を上書きすれば直る場合があるという事だったので、旧バージョンのパッケージから4.1系をダウンロードして「wp-db.php」をwp-includesのフォルダにアップロードしてみました。ただ、結果は投稿が画面が真っ白になっただけで、かえって症状が悪化してしまいました…

《「wp-db.php」と「post.php」を上書きする》

いったん、元の「wp-db.php」に戻して、再度色々と試して見ましたが旧バージョンのWordPress4.1.2より前のWordPress4.1をダウンロードして「wp-db.php」と「post.php」を「wp-includes」フォルダにアップロードして上書きところWordPressに投稿できるようになりました。どうも、今回の投稿ができなくなった問題はこのあたりのファイルに問題があるようです。

《まとめ》

私の環境では「wp-db.php」と「post.php」の両方ともアップロードしないと投稿ができるようになりませんでしたが、他の環境では「wp-db.php」だけで復旧できているという報告もあり、私が試した「wp-db.phpとpost.phpの両方ともアップロードして上書き」しても、投稿ができるようになるとは限りませんので、ご注意ください。また、ファイルを上書きする時はファイルのバックアップを取っておき、すぐに戻せるようにしておきましょう。

《4月28日 追記》

何日間かすると、せっかく上書きした旧ファイルを新しいファイルに勝手に上書きしてしまうようです。ご注意ください。4.2.1のアップデートのためファイルが上書きされてしまったようです。

[関連リンク]
WordPress ? フォーラム ≫ 新規投稿等すべての更新が出来ない。

#32051 (Creating new posts/terms with non-English characters is broken for tables with cp1251 collation in 4.1.2) ? WordPress Trac

WordPress 日本語 ≪ リリース

-Blog