読書感想

NO IMAGE 読書感想

ピーターの法則、「出世すると無能になる」のか?

ピーターの法則――「階層社会学」が暴く会社に無能があふれる理由 ローレンス・J・ピーター レイモンド・ハル 渡辺 伸也 ダイヤモンド社 2018-03-24 by G-Tools 有名な「ピーターの法...
NO IMAGE 読書感想

「紫色のクオリア」感想のまとめ

紫色のクオリア (電撃文庫) うえお 久光 綱島 志朗 アスキーメディアワークス 2009-07-10 by G-Tools 横田です。先日、積み上げていた本が雪崩を起こしまして、片付けるのに1日費や...
NO IMAGE 読書感想

お前ら大変だ「三国志男」がKindle化されたぞ。

三国志男 さくら剛 幻冬舎 2014-07-11 by G-Tools もうだいぶ前の本ですが「三国志男」がついにKindle化されました。大雑把にこの本を紹介すると、作者が三国志の登場人物のお墓や歴...
NO IMAGE 読書感想

「今ある未来」をどのように考えるか 〜「予定不調和」を読む〜

予定不調和 (DIS+COVERサイエンス) 長神 風二 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2010-04-15 by G-Tools 本書のテーマは「今ある技術」を推し進めた時に、どのような「恐ろし...
NO IMAGE 読書感想

にわか三国志ファンは、この男を見習え!「三国志男」

三国志男 (SANCTUARYBOOKS) さくら 剛 しりあがり寿 サンクチュアリパプリッシング 2008-05-09 by G-Tools 今、三国志が静かなブームらしいですね。静かなブームという...
NO IMAGE 読書感想

あの人の本棚が見れる。本棚好きのための3冊

買っても読まない「積ん読く」状態の本をどのようにするか、また読み終わった本をどのように整理をするか毎回、頭を悩ませます。 もっとも、私に限らず「本好き」の方は、本の整理には色々に色々困っているかと思うが「本」を専門に扱っている作家の方...
NO IMAGE 読書感想

「自分は宇宙人にさらわれた」と告白した人は全米で400万人。「渡る世間は「数字だらけ」」

渡る世間は「数字」だらけ (講談社文庫) 向井 万起男 講談社 2010-02-13 by G-Tools 今回ご紹介する「渡る世間は「数字」だらけ」は、色々と数字についての様々な事柄について書かれた...
NO IMAGE 読書感想

「オープンデータ超入門」がKindleで発売

林 雅之さんのオープンデータ超入門 (NextPublishing)がKindleで発売されています。価格は1200円。Kobo版も発売されているとのことです。 ・『オープンデータ超入門』Amazonで予約開始、Kindl...
NO IMAGE Blog

【読書感想】 差別化とは何か?「ビジネスで一番大事な事」

これは2011年4月に書いた物を再投稿したものです。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ビジネスで一番、大切なこと 消費者のこころを学ぶ授業 ヤンミ・ムン 北川 知子 ダイヤモンド社 2010-...
読書感想

プロジェクトの進め方の良い見本に感じた「過負荷に耐えるWebの作り方 国民的アイドルグループ選抜総選挙の舞台裏」

過負荷に耐えるWebの作り方 ~国民的アイドルグループ選抜総選挙の舞台裏 (Software Design plus) 株式会社パイプドビッツ 技術評論社 2013-12-25by G-Tools 以前ご紹...
NO IMAGE Blog

自己啓発本に疲れてしまった人に、「疲れすぎて眠れぬ夜のために」

※ これは2008年12月に書いた物を転載したものです。 疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫) 内田 樹角川書店 2007-09-25 売り上げランキング : 4382おすすめ平均 なんか納得いかない・...
NO IMAGE 今日のP2P today

【読書感想】 岩倉具視 言葉の皮を剥きながら

岩倉具視?言葉の皮を剥きながら (文春文庫) 永井 路子 文藝春秋 2011-02-10 by G-Tools (これは2011年に書いて文章を再掲載したものです) 去年の大河ドラマが「龍馬伝」...
NO IMAGE Blog

「クラウド化する世界」と電力王の没落

クラウド化する世界 ニコラス・G・カー Nicholas Carr 村上 彩 翔泳社 2008-10-10by G-Tools 色々あってニコラス・カーの「クラウド化する世界」を読み直している。「クラウドブ...
NO IMAGE Blog

若くなくても読んでもらいたい、インターネットの歴史が分かる本

若い人に読んでもらいたい、コンピュータ産業の歴史が解る本。 - shi3zの日記 日本人の、日本人による、日本人のためのコンピュータ産業史 - 雑種路線でいこう のようにコンピューター産業の歴史を解説する本の紹介が流行っていたの...